Home

Apes holding digital device return to sea

Performance, 2024

 

 

 

This is a performance piece created for the art event "Art Site Kozushima 2024".

Obsidian, the tool that is said to have facilitated the evolution to bipedal walking, rests in Kozushima island.

There is evidence that humans crossed the ocean from the mainland to Kozushima Island

to collect obsidian during the Paleolithic Age, about 38,000 years ago.

This performance was inspired by the artist's own experience of seeing the ocean at Kozushima Island

in the middle of the night - an experience that made her feel the vastness and awe of nature.

 

One of the two performers wears a VR device and holds a controller.The view seen through the VR device is projected on the wall.

The other wears motion capture. The 3DCG model operating with motion capture changes from single-celled organisms,

to fish, to amphibians, to reptiles, and to mammals. This represents the evolutionary process of vertebrates.

After mammals, the model returns to the form of a single-celled organism again, and the sequence is repeated.

 

This performance encourages us to think about the possibility of ancestral return (atavism) of the human body.

For example, dolphins are said to have become quadrupeds on land and then returned to the sea again becoming swimming bodies.

If, by some natural catastrophe, humans are no longer able to survive on land, they may throw away their smartphones and turn back to the water.

 

CG, Program by Nao Usami

Dance, Coreograph by Moe Kobayashi

 

 

Website Art Site Kozushima 2024

「電子機器もつサル、海へ還る」

 

これはアートイベント『アートサイト神津島 2024』のために制作されたパフォーマンスである。

神津島には、二足歩行への進化を促したといわれる道具、黒曜石が眠っている。

約3万8千年前の旧石器時代に、人類が本土から神津島まで海を渡って採りに行ったという証拠がある。

また、作家自身が真夜中に神津島の海を見て、自然の広大さと畏怖を感じた経験から着想しパフォーマンスを制作した。

 

2人のパフォーマーのうち、1人がVRを装着しコントローラーを持つ。

装着したVRで見ている視界は、プロジェクターで壁に投影されている。

もう1人はモーションキャプチャを装着する。モーションキャプチャで動く3DCGモデルは、

単細胞生物・魚類・両生類・爬虫類・哺乳類へと変化する。これは脊椎動物の進化の過程を表している。

哺乳類のあと再び単細胞生物の姿に戻り、その順番を繰り返していく。

 

このパフォーマンスは、ヒトのからだが先祖還りをする可能性への思考を促している。

例えば、イルカは陸に上がり四足歩行になったあと再び海へ還り、泳ぐからだになったという。

天変地異で、ヒトは陸上で生きられなくなったら、手のひらからスマートフォンを捨て、水を掻くことになるかもしれない。

 

CG, プログラミング: 宇佐美 奈緒

出演, 振付: 小林 萌

 

 

ウェブサイト アートサイト神津島 2024

"Art Site Kozushima 2024" Umewaka Noh Theatre

Photo: Kenji Agata, CG: Nao Usami

CG: Nao Usami

"Art Site Kozushima 2024" Umewaka Noh Theatre

Photo: Kenji Agata

"Art Site Kozushima 2024" Chobei, Kozushima

Photo: Olta

"Art Site Kozushima 2024" Chobei, Kozushima

Photo: Olta